3 Days to Kill (2014) / ラストミッション

『ラストミッション』(原題: 3 Days to Kill)は、2014年のアメリカ合衆国のアクション映画である。監督はマックG、脚本はリュック・ベッソン、アディ・ハサック、出演はケビン・コスナー、アンバー・ハード、ヘイリー・スタインフェルド。
 ・ amazon : 3 Days to Kill (2014) / ラストミッション
 ・ amazon prime : 3 Days to Kill (2014) / ラストミッション
 ・ U-NEXT : 3 Days to Kill (2014) / ラストミッション
 ・ NetFlix : 3 Days to Kill (2014) / ラストミッション
 ・ dTV : 3 Days to Kill (2014) / ラストミッション
 ・ Youtube : 3 Days to Kill (2014) / ラストミッション

3 Days to Kill (2014) / ラストミッションのあらすじ

 任務中に倒れ、病院へ運ばれたベテランCIAエージェントのイーサン・レナー(ケヴィン・コスナー)は、脳腫瘍で医師から余命3ヶ月と告げられる。
 そこで危険な仕事から足を洗い、残された時間を離婚した妻クリスティン(コニー・ニールセン)と16歳の娘ゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)と共に過ごしたいと願い、パリへと向かう。
 久しぶりにパリのアパートメントに戻ってみると不法移民のジュールス(エリック・エブアニー)と彼の家族が勝手に部屋を占拠していた。
 5年間放ったらかしのゾーイに急に父親らしい事をしようというイーサンは頑張りが空回りで父娘の溝は深まるばかり。そんな中、女エージェントのヴィヴィ・ディレイ(アンバー・ハード)が、延命を可能にする試験薬を餌に仕事を持ちかけてくる。それは、テロリスト集団の首領ウォルフガング・ブラウン、通称ウルフ(リチャード・サメル)を仕留めなければならないという最も困難な任務だった。
不思議な縁で知り合ったジュールス一家とだが、彼らの家族の絆の強さにイーサンは自分と家族との関係を省みて影響されていく。
こうして、良き父親となり娘の信頼を勝ち取り平凡な家庭を再構築するための奮闘と、困難な暗殺計画に臨む凄腕エージェントという二つの顔を同時に遂行するという、かつてない過酷なミッションに挑むことになったイーサンだったが…。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Taken 3 (2015) / 96時間/レクイエム

  2. The Lady (2011) / The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛

  3. Arthur et la guerre des deux mondes (2010) / アーサーとふたつの世界の決戦

  4. Valerian and the City of a Thousand Planets (2017) / ヴァレリアン 千の惑星の救世主

  5. Les aventures extraordinaires d’Adèle Blanc-Sec (2010) / アデル/ファラオと復活の秘薬

  6. The Family / Malavita (2013) / マラヴィータ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。