Nikita (1990) / ニキータ

1990年のフランス映画。監督、脚本はリュック・ベッソン。主演のアンヌ・パリローが、政府に隷属的に雇われる暗殺者を演じた。1993年には米国でブリジット・フォンダ主演・『アサシン 暗・殺・者』(Point of No Return)というタイトルでリメイクされた。

 ・ amazon : Nikita (1990) / ニキータ
 ・ amazon prime : Nikita (1990) / ニキータ
 ・ U-NEXT : Nikita (1990) / ニキータ
 ・ Hulu : Nikita (1990) / ニキータ
 ・ NetFlix : Nikita (1990) / ニキータ
 ・ dTV : Nikita (1990) / ニキータ
 ・ GYAO : Nikita (1990) / ニキータ
 ・ Youtube : Nikita (1990) / ニキータ

Nikita (1990) / ニキータのあらすじ

深夜のパリの薬局に麻薬中毒の少年少女達が薬欲しさに乱入するが警官隊が到着したことによって銃撃戦となる。彼らは警官隊からの銃弾に全て倒れたかに見えたが一人残った少女(アンヌ・パリロー)が警官を射殺してしまう。警察署に連行された少女は、取調室で刑事に名前を聞かれた際に男性名の「ニキータ」と名乗り、それが彼女の呼び名となった。

ニキータに終身刑が下り、護送されて目が覚めると殺風景なベッドルームに入れられており、ボブという政府の秘密警察官を名乗る男(チェッキー・カリョ)が現れる。彼女はそれまでの自分の記録を消され、別の人間として政府に雇われた暗殺者としてここで訓練を受けて生きるか、それとも死ぬかの選択を迫られる。ニキータは反抗し逃げようとするが叶わず、暗殺者としての訓練を受けることとなる。ニキータは反抗しながらも、めきめきと頭角を現していく。

数年後、ニキータの誕生日……。ニキータはボブに街のレストランに連れて行かれ、手荒い最後の訓練を受けさせられ秘密訓練所の生活を終える。ジョゼフィーヌというコードネームと仮の職業を持たされ、街で一人暮らしすることになったニキータは、スーパーで会計の時にレジに立っていた男・マルコ(ジャン=ユーグ・アングラード)と恋仲になるが、それでも暗殺者としての仕事は与えられる。

ある任務で予定が狂い、その後始末と酷い顛末に憔悴して戻ったニキータに、マルコはニキータの裏の顔を知っていること、それでも愛していることを打ち明ける。裏仕事を止めることを奨められたニキータは一人逃亡し、残ったマルコは後を追ってきたボブに、ニキータの置き土産のマイクロフィルムを渡し、ニキータの行く末を託す。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Léon (1994) / レオン

  2. The Fifth Element (1997) / フィフス・エレメント

  3. Atlantis (1991) / アトランティス

  4. The Messenger: The Story of Joan of Arc (1999) / ジャンヌ・ダルク

  5. TAXi (1998) / TAXi

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。